iPhone用アプリ「i英辞郎」を試す

2009年 7月 26日

screenshot_01.jpg


何だか今更なんですが、i英辞郎を購入しました。

購入理由は単純なのですが、、、

先週アメリカからの来日があった際、お昼を食べていたんですが、そのお昼の時にゴボウが出てきまして、その場でゴボウって何て言うんだっけ?ということになった訳です。

その場でサッと調べられたらなあ、ってことで購入してみたんですが、動きが軽快で結構いいですね。

暇な時に単語を調べながら覚えたりすることもできそうです。

1000円とiTunesでは若干高額ですが、その価値はありますよ。


iPhone用アプリ「新TOEICテスト 英単語・熟語マスタリー2000」を試す

2009年 3月 9日

screenshot_01.jpg


2月下旬くらいからの花粉症と先週末は大人はあまりかからないのでは?と思われる溶連菌にかかってしまい、数年ぶりに39度の熱まで出してしまいました。。。
とりあえず抗生物質をうってもらい、今日から仕事も復帰できてますが、今度は花粉症の薬がきつすぎたらしく、鼻の粘膜がただれているようです。
うーん、この季節はほんと泣きっ面に蜂です。。。

さてさて、今日はiPhone用アプリの英語学習ソフトとしてはかなり出来がよいソフトを紹介します。

こちらはいわゆるTOEIC対策的なアプリかと思ったのですが、通勤途中の10分程度でさくっと単語テストができたりして、僕のようなTOEICテスト対策をあまり意識していない方にも十分使えそうです。

10単語ずつに区切られている点もGoodですね。これくらいであれば、ちょっと時間が空いたらやってみようかという気にもなりますし。

iPhoneとの操作性もばっちりなので、900円もしますが買う価値はありますよ!!


Barack Obama – Inauguration Speech

2009年 1月 25日

404 Blog Not Found:惰訳 – Barack Obama Inauguration Speech in Full

先週仕事の帰りが遅かったので、ちょうどライブでスピーチを見れそうだったんですが、あまりにも眠くて始めの一言を聞いた瞬間に寝てましたorz

週末にやっと全文を聞けたのですが、やはりオバマさんのスピーチ力はいい感じですよね。それに簡潔な英文で、かつスピードも聞きやすいので英語学習にはもってこいという感じです。
これからは会社の行き帰りに聞きまくりたいと思います。

オバマ ホワイトハウスへの道
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 129

怖いくらい通じるカタカナ英語の法則

2008年 5月 24日

病院で暇つぶしに読もうかと思って購入。

カタカナ英語でもいいじゃないか、という感じがする題名ですが、正確には外人が発音する音と同じように言えば通じる、という事を書いてます。
ただ、その音を説明するのにカタカナを使った方がいいだろう、という感じ。

英語の単語をなまじ知っているだけに発音が悪い人は結構いると思います。発音についてはこういったアプローチもあるのか、という事が分かるだけでも読む価値はあるかも。

怖いくらい通じるカタカナ英語の法則 (ブルーバックス (B-1574))
池谷 裕二
講談社
売り上げランキング: 2179

集中力と度胸が英語力をアップさせる?

2008年 4月 22日

今日は約1時間半くらいアジア地区から来たアメリカ人(だと思う)とある案件についてディスカッション。
事前に少し準備したのでうまくいったとも言えますが、それよりも”集中力”と”度胸”かな、と思いました。

最近仕事がかなり立て込んでおり、限られた時間で英語の質問を考えたりしなければいけなかったのですが、その集中力が英語力をかなりアップさせたような気がします。

また、英語で話すことに少し前までは抵抗があったのですが(正直な話です^^;)、何だか最近ふっきれたというか、自分が伝えたい事を下手な英語でもいいのでまずは話す、という至極当たり前の事をし始めてから気持ちが楽になりました。

僕の英語はまだまだ改善の余地があるので、今後も引き続き頑張りたいと思います。

■今日の出来事
明日は初めての神戸出張。去年までは基本的に東京地区しか担当していなかったのに来月から関西地区も一部担当になりました。
今後は関西出張が増えるかも?


僕だったら”ビジュアル英文解釈”を勧めます

2008年 2月 4日

■僕だったら”ビジュアル英文解釈”を勧めます

POLAR BEAR BLOG: 英語が読めるようになりたい、けど1冊しか参考書を選べないとしたら

で、僕には「英文が読めるようになりたい」という方に絶対オススメできる一冊があります。それは『英文解釈教室』という参考書。

確かに「英文解釈教室」もいいんですが、伊藤先生の独特の言い回しというか難しい感じがなかなか僕は受け入れられませんでした。そこで僕がお勧めするのは同じ伊藤先生の本なんですが、”ビジュアル英文解釈”です。
高校の時にこの本に出会って英語が飛躍的に理解できるようになりました。まあ、英文解釈教室も同じかもしれませんが、一朝一夕にすぐに効果が現れてくる訳ではなく、このビジュアル英文解釈で言うとPart1(以前は上巻、下巻だったような気もしますが)が終わった頃から英語の読み方が変わりますね。

僕も再度きちんと英語は勉強したいと思っているので、ビジュアル英文解釈を再度始めてみようかと思っています。

ビジュアル英文解釈 (Part1) (駿台レクチャーシリーズ)
伊藤 和夫
駿台文庫 (1987/12/10)
売り上げランキング: 1386

■今日の出来事
今日はゆっくり家で疲れを取りました。明日からまた仕事に頑張りましょう。


多聴多読マガジン

2007年 9月 26日

先週末に新宿ジュンク堂の英語のコーナーを見ていたら、”多聴”という言葉が目に入りちょっと読んでみると面白そうだったので購入してみました。

比較的やさしい英語のフレーズがCDに入っているので、iPodで何度も聞き、シャドーイングしたりしてます。通勤時間で十分聴けますし、毎月は出ない雑誌なのでひとつのCDを何度も聴いて復習できる点がいいかなと思っています。

継続して英語は頑張りたいと思います。(そうはいっても毎日なかなか勉強できないのですが。。。)