怖いくらい通じるカタカナ英語の法則

病院で暇つぶしに読もうかと思って購入。

カタカナ英語でもいいじゃないか、という感じがする題名ですが、正確には外人が発音する音と同じように言えば通じる、という事を書いてます。
ただ、その音を説明するのにカタカナを使った方がいいだろう、という感じ。

英語の単語をなまじ知っているだけに発音が悪い人は結構いると思います。発音についてはこういったアプローチもあるのか、という事が分かるだけでも読む価値はあるかも。

怖いくらい通じるカタカナ英語の法則 (ブルーバックス (B-1574))
池谷 裕二
講談社
売り上げランキング: 2179

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。