iPhoneが日本でブレイクするには、やはりボタンが必要なのか

下流のための iPhone – webdog

iPhoneもiPod touchもそれなりに触ってますが、ブラインドタッチできないケータイということで、コミュニケーション端末としては非常に不満に感じてます。

受け身で観るだけの使い方ならOKなので、あとはコンテンツ次第でしょうかね。今は出かける前にPCで地図画像を取得してケータイにメールで送ってますが、どこでもGoogle Mapsを見られるようになるのは非常に魅力的ですよね。それ以上のキラーコンテンツやキラーアプリがなかなか登場していませんけど。

日本での初物は見送ろうかなと考えてる最近の私です。

確かにiPhoneが日本で販売された場合、親指で全てを完結できる日本の携帯に勝てるのか、という疑問と、そもそもiPhoneのような操作性を好む人がどれくらいいるのかという疑問がありますね。

ただ、頭で考えているのと実際に購入して自分で体験してみるのとではやはり違うのでしょう。(と自分を納得させていたりしますが^^)

日本の携帯については何かあるたびに”日本では受け入れられないかも”といった話がありますが、よくよく見てみるとWindows Mobileについても(時間がかかりましたが)、確実に市場が広がっていると感じているので、iPhoneについても意外に時間をかけずに日本の携帯市場に入り込んでくると思います。

iPhoneが日本でどのようなシェアを取っていくのか、今から楽しみです。

■今日の出来事
明日から関西出張。まずは京都で2時間程度打合せをして、午後から大阪へ。また長い一日になりそうだな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。