日本のアウトソーサーの海外進出

トランスコスモス、フィリピンのコールセンター企業ロジコールの株式 51%取得:ソフトバンク ビジネス+IT

トランスコスモスは25日、フィリピンのマニラに拠点を置きコールセンター事業を展開するロジコールの株式51%を取得、英語対応のコールセンター事業へ参入したと発表した。 (08/04/25)
(中略)
ロジコールは2005年12月に設立、米国を始めとする英語圏向けコールセンターを運営している。特に、セールスアウトバウンド業務に実績があり、BOI(フィリピン投資委員会)とBPAP(フィリピンBPO協会)の推薦企業でもある。
(中略)
トランスコスモスは、日本をはじめ、中国や韓国、タイ、米国へと事業を拡大し、米国では日本向けのコールセンターと米国向け英語対応コールセンターを提供してきた。

今日もEMONSTERの記事を書こうかとも思ったのですが、それはGWにでも書くとして今日は久しぶりにコールセンターの話題を。。。

コールセンターのアウトソーサーとしては、ベルシステム24、トランスコスモスといった一千億規模の会社もありますが、日本市場だけでは急激な成長は見込めなくなってきているのでしょう。
今回のトランスコスモスのようにASEAN地区への進出等を行うことにより海外での売上げ比率を高めるアクションをアウトソーサー大手各社は考えていると思います。

個人的には日本のアウトソーサーの品質や教育手法は欧米の一部を除けば十分競争力があると思いますので、今後同じような進出をはかるアウトソーサーは増えるのではないか、と。

ちなみにTMCnetというCRMやVoIP等の情報を取り扱っているサイトにはこんなランキングもあります。

Twenty-Third Annual Top 50 Inbound Teleservices Agencies Ranking Announced by Customer Interaction Solutions Magazine

CATEGORY B – INTERNATIONAL

1. Intelenet Global Services
www.intelenetglobal.com

2. Teleperformance
www.teleperformance.com

3. Sitel
www.sitel.com

4. Teleperformance USA (a Teleperformance company)
www.teleperformanceusa.com

5. NCO Group
www.ncogroup.com

トランスコスモス等の日本のアウトソーサーがこのランキングにのるような日がくることを期待しています。

■今日の出来事
今日は移動中ずっとEMONSTERをいじってました。ただ、そこまでいじっているとさすがに電池の消耗がはげしい。。。使い過ぎはちょっと考えないといけませんね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。