太陽を盗んだ男

■太陽を盗んだ男

江頭2:50の本で紹介されていたので見たのですが、これは”面白い”じゃないですか!!!

ごくごく普通の中学教師が、プルトニウムを盗み出して自らの手で原爆を作り上げ、国家に挑戦していく姿を描いた、伝説の監督・長谷川和彦による反体制的ピ カレスク・ロマン。一見荒唐無稽風でアラも多いが、それを凌駕(りょうが)する映画のパワーに満ち満ちている快作であり、20世紀を代表する日本映画の1 本にこれを推す者も多い。

ちょっと乱暴な設定(プルトニウムを奪うところなんか)もありますが、普通の教師、いやどちらかというとダメ教師っぽい男が自作で原爆を作り、国家に対して無茶な要求をするというストーリーはとても斬新ですね。
僕はあまり日本の映画は見てこなかったのですが、こんな粋な映画があったとは・・・。

いやー、映画ってほんとすばらしいですね。

太陽を盗んだ男
太陽を盗んだ男
posted with amazlet on 08.02.21
ショウゲート (2006/06/23)
売り上げランキング: 12543

■今日の出来事
今日は前々職でお世話になった方と3年ぶりくらいに食事をしました。色々と近況なんかも報告できてよかったです。これからもNさん、よろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。