君のためなら千回でも

■君のためなら千回でも

上巻の紹介文より
「君にためなら千回でも!」召使いの息子ハッサンはわたしにこう叫び、落ちてゆく凧を追った。同じ乳母の乳を飲み、一緒に育ったハッサン。智恵と勇気にあふれ、頼りになる最良の友。しかし十二歳の冬の凧合戦の日、臆病者のわたしはハッサンを裏切り、友の人生を破壊した。取り返しのつかない仕打ちだった。だが二十六年を経て、一本の電話がわたしを償いの度へと導く。

電車で読みながら、動揺する心を抑える事ができなかった。。。

過去に犯した過ちを償えずに生きてきたアミール。そんな彼の姿は僕の過去にもあった、と思いながら読んでしまいました。あの時、違った選択をしていれば・・・、とか、あの時あんな事を言わなければ・・・、といった記憶は誰にでもあるはず。(そんな記憶をふとしたきっかけで思い出すことがあるのですが、その時は気分が憂鬱になりますが。。。)

アミールのハッサンに対する裏切りは償われたのか。希望はあるのか。それを最後まで見届けて欲しい一冊です。

君のためなら千回でも(上巻) (ハヤカワepi文庫 ホ 1-1)
カーレド・ホッセイニ 佐藤耕士
早川書房 (2007/12/19)
売り上げランキング: 208

君のためなら千回でも(下巻) (ハヤカワepi文庫 ホ 1-2)
カーレド・ホッセイニ 佐藤耕士
早川書房 (2007/12/19)
売り上げランキング: 215

■今日の出来事
昨日はGlobisで同じクラスだった旧友3人とふぐ料理を楽しみました。短い時間だったけどとても楽しめました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。