サブプライム問題とは何か アメリカ帝国の終焉

2007年 12月 3日

■サブプライム問題とは何か アメリカ帝国の終焉

最近新聞、金融雑誌で騒がれている”サブプライム問題”。漠然とした知識しかなかったので、まずは全体像を把握するために手に取ったのが、「サブプライム問題とは何か」というまさしく題名そのままの本です。

この本では、サブプライム問題が起こった社会的な背景の説明から始まり、なぜサブプライムが問題となってきたのか、その対策がどのように行われたのかを丁寧に説明しています。

僕は住宅に対して全く興味がないので(ちなみに僕はマンションや車といった物を所有した事がありません。。。)、なぜローンを組んでまで住宅を欲するのかまだ分かっていないところがあります。やはり自分の給料で返せる範囲を超えるとおのずと破綻してしまうのではないかと思ってしまうのはまだまだ金融知識が不足しているからでしょうか。

サブプライム問題については今後更に拡大するとも言われています。自分の資産を守るためにも金融知識はしっかりつけた方がいいですね。

サブプライム問題とは何か アメリカ帝国の終焉 [宝島社新書] (宝島社新書 254)
春山 昇華
宝島社 (2007/11/09)
売り上げランキング: 492

■今日の出来事

本日より大崎ThinkParkへ。やっぱり新しいオフィスは気持ちいいもんですな。古い資料なんかも全て片付けたので机もすっきり。明日からまた頑張りましょう。

広告