アスペクトは日本市場を攻略できるか?

「狙うはメガバンクや中小企業」,コンタクト・センター大手のアスペクトが戦略説明

コンタクト・センター向けシステムを手がける日本アスペクト・ソフトウェアは9月19日,事業戦略を説明する記者会見を開いた。同会見で小枝逸人社長は, 新製品「Aspect Unified IP」(旧製品名:EnsemblePro)を2007年中に発売することに合わせて日本市場に本格参入すると表明した。
(中略)
 市場を開拓するために小枝社長は,ブランド力の向上,営業力の強化,サービス力の拡張という三つの戦略を掲げた。営業力の強化であれば,ユーザー企業への営業活動を販売代理店に任せっ放しにはせず,アスペクト自身も直接営業に出向くなどの施策に取り組むという。

日本でもアスペクトのPBXを導入している顧客はいるのですが、AvayaやNortel、NECといったベンダーと比較すると少ない印象があると思います。

今回、アスペクトとして営業が直接顧客に伺うことも戦略のひとつに掲げていますが、メーカーの営業が代理店を通さずに営業に伺う事は今まではあまりなかったと思います。日本の場合は特に代理店が販売、メーカーはその保守を受け持つという構図がありましたが、エンドユーザーの意識にも変化があるのか直接メーカーが営業に伺うケースがアスペクト以外でも増えているように感じます。

アスペクトも直接販売までは手がけないと思いますが、将来的には直接販売をするメーカーが出てくるかもしれませんね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。