CTC、国税庁のコンタクトセンターシステムを受注

CTC、国税庁のコンタクトセンターシステムを受注

CTCは、昨年11月に先行して稼働を開始した東京・仙台・福岡の計3ヶ所の国税庁・電話相談センターのコ ンタクトセンターシステム(対象20税務署)を構築し、今回残りの9ヶ所(札幌、関東信越、名古屋、金沢、大阪、高松、広島、熊本、沖縄)を加え全国 12ヶ所のシステム構築について受注した。対象範囲は計284税務署となる。

国税庁等の行政機関だけでなく地方自治体へもコンタクトセンター構築ビジネスを拡大していく予定のようです。
米国では行政機関のコンタクトセンターを民間が受託している例は多いですが、日本でも同様の流れが今後進むと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。