コールセンターにおけるシンクライアント化の流れ

純国産シンクラインアントをコールセンターへ導入、サイボウズM

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー(MT)は7月26日、デスクトップ型シンクライアント端末「RT-500」を福利厚生サービスのベネフィット・ワンのコールセンターへ納入したと発表した。

サイボウズがこのような端末を開発しているとは知りませんでした。。。

コールセンターにおいて端末のシンクライアント化が個人情報保護法の施行後、注目をあびるようになってきていると思います。このような流れを受けてサイボウズも手を打っていたのでしょう。

シンクライアントとなった場合のサーバー側の負荷やオペレーションとして問題ないか等色々と聞いてみたいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。