「どこでもつながる」のは良い事なの?

ITmedia エンタープライズ:「どこでもつながる」を目指すアバイア

「ユニファイドコミュニケーションは未来のソリューションだととらえる人が多いが、実際にはもう現実の存在になっている」とアッシャー氏。将来的には、 企業のビジネスプロセス改善を推し進める力になるという。例えば製造業などでラインが停止したとき、責任者への「連絡待ち」「返事待ち」の間ずっと業務が 麻痺状態に陥る代わりに、ライン停止などの緊急事態をトリガーとし、必要な人物に自動的にコンタクトを取り、会議を招集して迅速に対応策を練る、といった 業務の流れが可能になるとした。

その通り、システムは既に「どこでもつながる」状況を作り出せるのだが、その具体的な仕組みづくりやプロセスが追いついていない状況だと思います
でも、米国のBlackberry依存症じゃないけど、どこでもつながる状態が現在の会社員に対して相当なストレスを与えている事も事実じゃないか、と。
僕としては自分の時間をきっちりと確保しメリハリのある仕事方法を模索してますが、まだまだですね。。。
ただ、システムに踊らされないように気をつけてはいきたいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。