結論を最初に、は全てにあてはまるか?

Decker MarketingのCareer Tip #13: Answer Firstより

結論を先ず言ってから詳細を述べるように、とは2社目のコールセンターコンサルティングを行っている時に上司によく言われました。

Why “answer first”?
  1. Executives communicate that way, and they want to be communicated to that way (in 1x1s or in a presentation). Why would an executive promote someone who rambles or seems indecisive?
  2. Answer first forces you to communicate your point or decision early in a conversation, and that portrays authority and confidence.

確かに、まずは結論を述べる事によりスムースになる場合もあるでしょう。
ただ、全てがAnswer Firstかというとそうでもない。
特に日本の場合は、参加メンバーの意識を共有する上でも詳細を述べてから結論を言った方がよいケースも多いように感じます。
やはり、どのようなメンバーが参加するのか含めて全てを把握した上で、どのような方法で伝えるのがよいのかを考える事が重要だと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。