自分独自のノートを持つということ

lifehack.orgのCornell Method PDF Generatorより
僕は2ヶ月くらい前からCornell Methodのノートを使っています。3分割されているのですがNotes Columnは通常のノートと同じくメモを取るために、下段のSummariesはミーティング後のポイントをまとめるために、左段のCue ColumnはTo Doを書くために使用しています。(実際の使用方法は若干違うようですが、僕はこの内容で分けてます。)
記述した内容は会社で使っているSFAソフトに入れるか、スキャナーで取ってPCに取り込んでいます。

始めからPCで入力すれば、という意見もありますが僕は手書きノートにこだわってます。
 ・手書きだと図、絵等を書きやすい
 ・クライアント先だとPCが壁になってコミュニケーションに問題が出るのでは?
と考えているからです。

よく使うノートなんかの使い方をつきつめて考える事は、仕事の生産性を大きく左右すると感じています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。